迷路

2022/01/27から白文鳥・メス・8歳(今は9歳)が行方不明で探しています。

ローマでコロワクパスの義務に反対する大規模なデモ

ころ 

2021/10/09

ウォッチ:来週の雇用に義務付けられる予定の政府のワクチンパスポートに対するローマでの大規模なデモ。 

 

2021/10/09

ローマで数千人がワクチンパスポートの義務に抗議

(PCの自動翻訳)

土曜日に何千人もの人々がイタリアの労働者に適用される「グリーンパス」として知られている政府のワクチン認証システムに反対するためにイタリアの首都に連れて行ったので、ヨーロッパでは週末に激しい抗議が続きました。ワクチンパスポートは、来週10月15日に発効する9月16日に承認され、国内で2300万人以上の労働者に影響を与えた。

 

大勢のデモ隊がローマで団結し、グリーンパスに反対するスローガンを掲げた多数の横断幕を掲げてメインストリートを行進した。多くの人がイタリア国旗を振った。

抗議者たちは、グリーンパスが彼らの基本的人権、市民の自由、自由を奪うことを懸念している。

 

国のグリーンパスは、イタリア人がほとんどの公共スペース、レストラン、ジム、レジャー活動を訪れないようにします。このシステムは、予防接種を受けていない個人が、パスなしで国内および海外に入国することを事実上不可能にします。

ワクチンパスポートの提示を拒否するイタリア人、負のCOVID検査、または回復の証明は、無給または重大な罰金なしで停止などの深刻な制限に直面しています。

 

この要件は、批評家によって世界で最も厳しいパンデミック対策の1つであると考えられています。ある抗議者は、イタリア語から英語に翻訳された看板を掲げて撮影されました。グリーンパスなし!恐喝なし!

 

最も人口の多いヨーロッパ諸国の一部で必要なワクチンパスポートは、昨年の夏に大陸全体で一連の抗議行動を引き起こし、今日も続いています。イタリアとは別に、フランス、アイルランドギリシャでも広範囲にわたる抗ワクチン義務デモが行われている。

 

 

2021/09/29の記事


2021/09/15の記事