迷路

スクラップ、呟き

ボーイングは125,000人の労働者に予防接種を受けるか、クビになるかを伝えます。

 

なんとしてでもコロワク接種させたいようです。人口の9割削減しようと必死なんでしょうね。ビル・サイコがパンデミックシュミレーションしていたこと、ビル・サイコがワクチン製造に製薬会社に資金提供していることで、接種開始される前から殺意を感じている方は多いと思います。

コロナウイルスは数ある風邪のウイルスの一つですから恐れるウイルスではありませんが、蔓延してるというコロはウーハン研究所でコウモリを使って感染力を強めた人工ウイルスなので、ただの風邪ウイルスよりはきつく、インフルエンザレベルだと思います。

免疫力を高めておくのが大事です。鼻、口、目から感染しますから、防御(予防)の第一歩は、鼻、口、目です。鼻汁、唾液、涙に含まれているIgAを高めておくことです。

ウイルスの大きさからしてサージカルマスクはザルですからマスクは無意味です。ワクチンなんて不要です。ロックダウンの必要なんてありません。

蔓延してるというコロはウーハン研究所で造られた人工ウイルスですからきついと思いますが、感染することよりも、注射で体内に入れるコロワクは、とてつもなく危険です。いったん注射してしまうと取り消せません。RNAは絶えず変異しますから、そもそもコロワクで予防になりません。感染するほうがマシです。

感染するほうがマシと言いましたが、コロ感染者はいるのでしょうか?インフルエンザではないのでしょうか?私はコロ感染者を見たことがありません。コロに感染したというヒトも聞いたことがありませんし。パンデミックの状況ではありません。

IgA


 

 

(PCの自動翻訳)

市民無料プレス

2021/10/13
ボーイングは125,000人の労働者に予防接種を受けるか、クビになるかを伝えます。

3:27午前ニュースジャンキー -- 私たちのホームページをチェックしてください

 

ツィード

ボーイングは、連邦政府の従業員とにします。感染予防にならないのです。請負業者にショットを受け取ることを要求する大統領命令によって設定された12月8日の期限までに、約125,000人の米国の従業員にCovid-19ワクチン接種を義務付けると述べた

 


ソース — シアトル・タイムズ

 

火曜日の内部メッセージで、ボーイングの経営陣は、限られた例外を除いて、12月8日までにCovidに対して予防接種を受けるか、または終了に直面しなければならないと米国の従業員に伝えました。

 

「これらの要件の遵守は雇用の条件です」と、シアトルタイムズが見たボーイングの内部プレゼンテーションを述べています。「これらの要件を満たしておらず、承認された宿泊施設を持たない従業員は、12月8日までに会社から解放される可能性があります。

モダナ:10月27日までに最初の用量

ファイザー:11月3日までに最初の用量

J&J:11月24日までに単回投与

「障害や宗教的信念のために予防接種を受けることができない従業員は、宿泊施設の要求を提出する必要があります」と、ボーイングは述べました。このような免除を与えられた従業員は、「頻繁なテストを受け、要求に応じて否定的なテスト結果を提示する準備ができている」必要があります。

 

この方針は米国の約125,000人の従業員に適用され、そのうち約57,000人がワシントン州で適用されます。

 

政府命令の条件は、防衛請負業者からジェットメーカー、大手航空会社、それらの企業と協力する下請け業者まで、航空業界全体で予防接種を義務付けています。

 

多くの地元のボーイングの労働者は予防接種に断固として反対しているが、何人かは不明である。同社は従業員の予防接種率に関する情報を提供することを拒否した。

 

 

3:27午前ニュースジャンキー -- 私たちのホームページをチェックしてください