迷路

スクラップ、呟き

重曹、脳内出血に関する動画にコメントしましたが削除しました

 

カラダをアルカリ性にしたい時、手っ取り早くできるのが重曹を飲むとです。ガン治療はカラダをアルカリ性にすることが第一だろうので、重曹を飲んだら乳ガンが小さくなったという方は嘘を仰ってないと思います。重曹でガンが治るということではありません。コロ、コロの変異種っといった流行り病の予防にも重曹を飲むと良いと言われていますが完璧に予防するというわけではありません。重曹は摂り過ぎるとカラダに悪いようです。私は、こういったことまでは知っていました。

 

ネットで、重曹を飲む、またはシャンプーに混ぜることで白髪が黒髪になったというヒトがいました。それで私は重曹を飲んでみようと思いました。でも、どのぐらい飲めばいいのか分かりません。

 

YouTubeで、若い腎臓内科医が重曹の動画をあげておられ、どれぐらいの量を飲めばいいのか分かりましたのでコメントしました。

 

『はじめまして。昨日から食用の重曹を飲んでみることにしました。不味かったです。 白髪が黒くなるというのを見たからです。本当に黒くなるのか分かりませんが。 どのぐらい飲めばいいのかを教えて下さって有難いです。参考になりました。』

 

返信が来ました。

 

『白髪が黒くなるという情報の出どころはよく確認された方がよいと思います。そういった目的で処方指導することがないため、至適量はお答えできません。今回動画内でお話しした量は、「健常な人が飲んでも有害事象がおこる可能性はかなり低い量」です。』

 

もちろん有害事象がおこる可能性はかなり低い量に決まってます。この方、保身されてるように感じたので気分が悪くなりました。それを腹に収めて私は返信しました。

 

『不味いので、もう飲みません。飲んでからおならが出まくりましたし。』

 

その腎臓内科医は、自身の返信を消されていました。消されたので、それに対する私の返信も消えていました。

 

なので私は最初に書いたコメントを削除しました。

 

 

このことがあったので、本を出版しているという動画主の「絶対に病院に行くべき脳出血の前兆3選」に書いたコメントを削除しました。

 

『はじめまして、経験のない頭痛と嘔吐でほぼ脳内出血です。
風邪薬や鎮痛剤を服用せず、速やかに脳外科に受診することです。
経験のない頭痛、腰のだるさ、悪寒、嘔吐で風邪だと思って内科に行けば脳内出血を見過ごされてしまいます。
アイスキャンデーを食べた時に起こるあの痛みがずっと続く感じで、その痛みが強くなっていきます。
頭が激痛の激痛の中、最後に心地よい睡魔がきました。』

 

よく、脳内出血時の頭痛はハンマーで殴られたような痛みだと例えられていますが、殆どのヒトはハンマーで殴られたことが無いだろうので、どんな痛みは分かるはずがありません。知ってる傷みを元に度合いを言えば分かりやすいと思います。そもそもハンマーで殴られたら脳挫滅でしょう。死ななくても頭蓋骨への衝撃で目玉が飛び出そうな痛みでしょう。頭蓋骨骨折、脳挫傷となれば、とんでもない激痛でしょう。

脳内出血の経験がないヒトが、どのような痛みなのか説明するので、正確ではないと思います。脳みその出血部位、動脈か静脈か、出血量、などで痛みが全然違うはずですから。

風邪と間違える場合があるので、そういう部分を多くのヒトに教えてあげないといけないのです。経験のない頭の激痛と嘔吐で、ほぼ脳みそだと思えばいいと。そして、風邪薬や鎮痛剤を服用せず、速やかに脳外科に行きなさいっと。内科に行けば見過ごされる可能性が大きいと。内科の医師は頭を診ませんから。

 

私としては、私の脳内出血時の、オペまでの経緯を知って頂けば、多くのヒトが参考になると思います。因みに、内科の医師に見過ごされました。産婦人科医が脳内出血だと気付いてくださいました。私は妊娠七か月でしたので。