迷路

2022/01/27から白文鳥・メス・8歳(今は9歳)が行方不明で探しています。

Covidワクチンは有毒です ー フィンランドのMP

 

2021年6月15日

 

(自動翻訳です)

Covidワクチンは有毒です 
        - フィンランドのMP

6月9日、フィンランド国会議員のアノ・トゥルティアイネン氏は、フィンランドで起こっているCOVIDワクチンの大量虐殺の可能性について警告した。彼はフィンランド議会のすべての議員に、いくつかの異なる犯罪で有罪であるかもしれないと警告した。

 

ニュルンベルク法に違反して、フィンランド人はこれが人体実験であるとは知らされていません。だから、今、私はあなたにすべて尋ねます:私たちがこの人々の殺害を中断する前に、あと何人が死ぬか怪我をするべきですか?"


このビデオに見られるように、彼の完全なスピーチは次のとおりです。

 

「名誉ある委員長、委員会の報告書は、フィンランドの安全保障に対する幅広い真の課題に言及しています。しかし、この報告書は、フィンランドフィンランド人の安全に対する非常に深刻な挑戦を省略しています...私はこれらのいわゆるCOVIDワクチンに言及し、私たちの人々を2つに分けました。目を覚まし、見当違いの者。

 

フィンランド国民がさらされているリスクについて、二度と無知を訴えることはできません。フィンランドは現在、COVIDワクチンに偽装した毒素を国民に注射しています。

 

傾聴。COVIDワクチンに偽装されたこれらの注射された毒物は、フィンランドでの販売許可証は持っていませんが、欧州医薬品庁(EMA)からの条件付き販売許可のみを持っています。条件付きライセンスの条項には、承認が条件付きであることが規定されています。「入手可能な情報は、医療製品の利点がそのリスクを上回っていることを実証する必要があります。

 

(数学をやる)

第二に、親愛なる同僚の皆さん、メディアの繰り返しにもかかわらず、フィンランドではこれまでのところ公式にCOVIDによる死亡者はゼロです。THL(CDCに相当)によると、2020年からの公式の死因は2022年まで公表されません。 しかし、Fimea(VAERSに相当)によると、フィンランドでは78人がCOVIDワクチンで死亡し、1,306件の重篤な有害反応報告と3,630件の未処理の報告があります。処理された報告の約57%が重篤な有害反応を有すると推定される。この原因はフィメア(www.fimea.fi)です。

 

第三に、これらの毒素の条件付きマーケティングライセンス...また、「申請者は将来、包括的な臨床情報を提供できなければならない」とも述べています。

 

...ニュルンベルク法に違反して、フィンランド人はこれが人体実験であるとは知らされていません。

 

さて、この演説で、私は皆さん全員に、そしてメディアに、これが人体実験であり、その結果がひどいものであることを認識させました。対照的に、以前に失敗したワクチン実験Pandemrixは、私たちが現在持っているものよりも32倍少ない副作用で停止しました。だから、今、私はあなたにすべて尋ねます:私たちがこの人々の殺害を中断する前に、あと何人が死ぬか怪我をするべきですか?

 

親愛なる同僚の皆さん、あなた方は今、我が国が直面しているこの極めて深刻な安全保障上の脅威と、注射による不利な点が利益を上回っていることを認識しています。あなた方には、もはや我が国を救うために行動しない理由はありません。

 

最後に、ワクチンは安全で、販売ライセンスを持っているというおとぎ話を伝えることによって、市民を誤解させ続けるなら、あなたは意図的にいくつかの犯罪に関与しています。もう一度、私はここで皆さんのことを思い出してください:犯罪は、それが故意に犯されると意図的になります。今、あなたはすべて気づいています。よろしくお願いします。

フィンランド国会議員、アノ・トゥルティアイネン