迷路

2022/01/27、メスの白文鳥がお外へ飛んで行ってしまいました。探しています。保護して下さった時は警察に届けてください。お願いします。

早々にトップレベル研究所と科学者が、COVID-19のスパイクタンパク質の危険を教えて下さっていました。コロワクは、この危険なスパイクタンパク質の複製を細胞に入れるのに、その後、コロワクの副作用には、毒蛇の毒のように血が固まって肉の塊のようになる症状、子宮内膜ガンが20倍に増加。この事実を知っても接種するヒトがいたのです。馬の耳に念仏。後悔先に立たず、後の祭り。

 

昨年、早々にこのサイトが出ていたのに

昨年、早々にこのサイトが出ていたのに


これらの情報を、アホ医者や、医療関係者でも科学者でも何でもない一般人が、デマに仕立てていました。ニュース屋は、妻がコロワク危険の陰謀論にはまって悩んでいるという男の話題を記事にしていました。コイツラは必死になって国民にコロワク接種させようとしていました。さらに李氏朝鮮一族の三浦瑠麗は、採血の後に貼られる丸い絆創膏を腕に貼った姿の写真をアップし、接種したフリをし、国民に接種させようと必死でした。

 

そして国民は接種しました。そして死者が続出しました。

今も、後遺症で仕事どころでなく日常生活も困難な寝たきりの方がたくさんいます。

 

 

この一番上のリンク2つは、早々にトップレベルの研究所や科学者がCOVID-19のスパイクタンパク質の危険を教えてくださっていた内容です。

 

コロワク(mRNA)は、この危険なスパイクタンパク質の複製を注射で体内に入れます。このスパイクタンパク質は、自然免疫を不能にすると言われていました。自然免疫にはガンをやっつけてくれるNK細胞がいます。自然免疫が不能になるというのはとてつもなく恐ろしいことです。大勢のヒトには馬の耳に念仏でした。後悔先に立たず、後の祭りとなってしまいました。

 

この一番上のリンク2つは、早々にトップレベルの研究所や科学者がCOVID-19のスパイクタンパク質の危険を教えてくださっていた内容です。

 

そうして既に分かっていることが、その後、以下のように起こっています。

 

 

以下は全て再リンクです。

 

 

(自動翻訳)

月曜日 9月 13, 2021 - 6:57 EDT
アイダホ州の医師がワクチン接種を受けた患者のがんの「20倍の増加」を報告
「ワクチン接種後、私たちが見ているのは、あなたのキラーT細胞、あなたのCD8細胞の減少です」とRyan Cole博士は言いました。

 

アイダホ州ボイシ(LifeSiteNews) - COVID-19接種が展開されて以来、医師は癌の増加を発見しました。 

3月18日、理事会認定病理学者であり、診断ラボのオーナー兼運営者であるライアン・コール博士は、アイダホ州政府の「キャピトル・クラリティ」プロジェクトによって制作されたビデオで、ワクチン接種を受けた患者のさまざまな自己免疫疾患や癌の大規模な「上昇」を見ていると一般に報告しました。  

 

 

 

注意を払うというのは、悪い状況を想定して行動することです。

悪い状況にならなければ、めでたしめでたし。

(アホはデマやったと罵りますが、無視っとけばOK)

本当に悪い状況になったら、注意をしていて良かったのです。

命に関わることは、神経質になるほど注意すべき。

死んだらしまいやから。