迷路

2022/01/27から白文鳥・メス・8歳(今は9歳)が行方不明で探しています。

コロワク中のスパイクタンパク質は、血小板を必要とせずに大きな血栓を形成できる

 


 

 

gettr.com

 

 

COVID-19血漿中のアミロイド血栓の有病率

エテルシア・プレトリウスシャンテルヴェンターゲルト・ヤコブス・ラウプシャー、ペトルス・ヨハネス・ローレンスヤナミ・スティーンカンプダグラス・B・ケル
 

要約

COVID-19の迅速な検出では、鼻咽頭スワブ中のSARS-Cov-2ウイルスの存在について遺伝子型検査を使用しますが、感度が低い可能性があります。個人が感染しているかどうかを示す迅速な宿主ベースの生理学的検査が非常に望ましいであろう。凝固失調症は、COVID-19、特に肺内の微小凝塊の一般的な伴奏です。ここでは、COVID-19患者の天然血漿中にマイクロ血餅が検出されること、特にそのような血餅が標準的な蛍光発生染色によって判断されるように本質的にアミロイドであることを示す。これは、迅速かつ便利な試験(P<0.0001)を提供し、そのような凝固の早期発見および予防が治療において重要な役割を果たす可能性があることを示唆している。

 

以下続きはサイトで。