迷路

2022/01/27から白文鳥・メス・8歳(今は9歳)が行方不明で探しています。

英国のアンガス・ダルグリッシュ教授とノルウェーの科学者ビルガーソレンセン博士

 

2021/05/28

 

(自動翻訳)

独占:COVID-19は「信頼できる自然の祖先を持たない」と中国の科学者によって作成され、コウモリから自然に生じたように見せるために「レトロエンジニアリング」で痕跡を隠そうとしたと、爆発的な新しい研究の主張
●爆発的な新しい研究は、研究者がCOVID-19サンプル中に「ユニークな指紋」を発見したと主張していますが、それは実験室での操作からのみ生じた可能性があると言います
●DailyMail.com、英国のアンガス・ダルグリッシュ教授とノルウェーの科学者ビルガーソレンセン博士が執筆した22ページの新しい論文を独占的に入手しました。
●この研究は、中国の科学者が武漢の研究室で機能獲得プロジェクトに取り組んでいる間にウイルスを作成したことを示唆する証拠があることを示しました
●米国で一時的に禁止されたGain of Functionの研究は、人間に対する潜在的な影響を研究するために、自然に発生するウイルスを感染性を高めるために改変することを含む
●論文によると、中国の科学者は中国の洞窟コウモリで見つかった天然のコロナウイルスの「バックボーン」を取り、それに新しい「スパイク」をつなぎ合わせ、それを致命的で感染性の高いCOVID-19に変えました。
●COVID-19には「信頼できる自然の祖先はいない」と結論付けた研究者は、科学者がウイルスのリバースエンジニアリングバージョンをリバースエンジニアリングして痕跡を隠したと信じています
●「レトロエンジニアリングされたウイルスが作られたと思います」とDalgleishは DailyMail.com に語った。「彼らはウイルスを変え、それが何年も前に順番に起こったことを突き止めようとしました。
●この研究はまた、中国の研究所における「データの意図的な破壊、隠蔽、または汚染」を指摘し、「調査結果を共有したい科学者はそうすることができなかったか、姿を消した」と指摘している。
●最近まで、ほとんどの専門家は、ウイルスの起源が動物から人間に飛び移る自然感染以外の何かであることを断固として否定していました
●今週初め、アンソニー・ファウチ博士は、武漢ウイルス学研究所への米国の資金提供を擁護し、60万ドルの助成金は機能獲得研究のために承認されていないと述べた。

 


爆発的な新しい研究は、中国の科学者が武漢の研究所でCOVID-19を作成し、その後、ウイルスのリバースエンジニアリングバージョンによって彼らの痕跡を覆い隠して、コウモリから自然に進化したように見えるようにしたと主張しています。

論文の著者である英国のアンガス・ダルグリッシュ教授とノルウェーの科学者ビルガー・ソレンセン博士は、1年間「中国におけるレトロエンジニアリングの一応の証拠」を持っていたが、学者や主要なジャーナルによって無視されたと書いている。

 

 

ダルグリーシュロンドンのセントジョージ大学の腫瘍学の教授であり、診断された患者を治療し、数ヶ月間薬を止められるようにする最初の実用的な「HIVワクチン」を創り出した彼のブレークスルーで最もよく知られています。

ウイルス学者のソレンセンは、Biovacc-19と呼ばれるコロナウイルスワクチン候補を開発した製薬会社Immunorの会長です。ダルグリッシュはまた、会社に株式オプションを持っています。

この研究の衝撃的な主張には、中国の研究所での「意図的なデータの破壊、隠蔽、汚染」の告発が含まれており、声を上げた共産主義国の科学者の沈黙と失踪を指摘している。

このジャーナルの記事は、専門家の大多数が最近までCOVID-19の起源が動物から人間に飛び移る自然感染以外の何かであったことを断固として否定してきたため、科学界の間で波を起こす予定です。

 

(画像)

COVID-19パンデミックの起源に関する爆発的な新しい研究は、研究者が実験室での操作からのみ生じた可能性があると言うウイルスのサンプルに「ユニークな指紋」を発見したと主張しています - それが中国の武漢ウイルス学研究所(ファイル写真)から脱出したという理論を支持する

 

(画像)

論文の著者であるノルウェーの科学者ビルガー・ソレンセン博士(左)と英国のアンガス・ダルグリッシュ教授(右)は、彼らの発見を発表しようとする最初の試みは主要な科学雑誌によって拒否されたと述べた。

(画像)

中国はウイルスが他の場所で発生したと主張しようとしているが、学者、政治家、メディアはWIVから脱出した可能性を考え始めており、中国当局が単に早期拡散の証拠を隠したという疑念が高まっている。

 

(画像)

昨年、ワクチンを作ろうとCOVID-19サンプルを分析した際、ダルグリッシュとソレンセンは、実験室での操作からのみ生じた可能性があると彼らが言うウイルスの「ユニークな指紋」を発見しました。

彼らは、彼らの発見を公表しようとしたが、ウイルスがコウモリや他の動物から人間に自然に跳ね上がったと当時断固として主張していた主要な科学雑誌によって拒否されたと述べた。

元MI6長官のリチャード・ディアラブ卿が、科学者の理論は調査されるべきであると公に発言した時でさえ、その考えは「偽ニュース」として却下された。

1年以上後、主要な学者、政治家、メディアはついに反転し、COVID-19が中国の武漢ウイルス学研究所(人間への潜在的な影響を研究するためにウイルスを操作して感染性を高める実験を含む研究室)から脱出した可能性を検討し始めました。

今週、ジョー・バイデン大統領は諜報機関に対し、実験室事故説を含め、ウイルスがどのように発生したかを再調査するよう命じた。

この発表は、武漢研究所の何人かの研究者が2019年11月に病気で入院したと主張して、これまで公表されていなかった諜報報告がホワイトハウスに行われたという暴露に続いて行われた。この文書は今週、ウォール・ストリート・ジャーナルによって暴露された。

米国の保健当局はまた、武漢研究所での研究者の物議を醸す危険な実験に資金を提供したとされる容疑で非難されている。

 

(画像)

DailyMail.com もっぱら22ページの論文を入手した。その中で、研究者は2002年から2019年の間に武漢研究所で行われた実験に数ヶ月にわたる「法医学的分析」を説明しています。

 

(画像)

論文に含まれる「GenBank」の表には、さまざまなコロナウイルス株がリストされており、それらが収集された日付と遺伝子バンクに提出された日時が記載されており、一部の人にとっては数年の遅れを示しています。

 

(画像)

コロナウイルスの1つの図は、2人の科学者によって識別された6つの「指紋」を示しており、ウイルスは実験室で作られたに違いないことを示していると彼らは言う

 

(画像)

2番目の図は、SARS-Cov-2スパイクに見られる4つのアミノ酸の列が磁石のようにヒト細胞にしがみつく正電荷を持ち、ウイルスを非常に感染性にする方法を示しました

 

 

現在、DalgleishとSørensenは、「SARS-コロナウイルス-2には信頼できる自然の祖先がいない」と結論付け、ウイルスが「実験室操作」によって作成されたことは「合理的な疑いの余地がない」と結論付けた新しい研究を執筆しました。

22ページの論文で、科学者たちは2002年から2019年の間に武漢研究所で行われた実験を振り返りながら、数ヶ月にわたる「法医学的分析」を説明しています。

DalgleishとSørensenは、ジャーナルやデータベースのアーカイブを掘り下げて、中国の科学者がアメリカの大学と協力して、コロナウイルスを作成するためのツールをどのように構築したとされるかをまとめました。

この研究の多くは、オバマ政権下で米国で一時的に非合法化された、物議を醸す「機能獲得」研究に集中していた。

機能の獲得には、天然に存在するウイルスを微調整してより感染性を高め、実験室のヒト細胞で複製できるようにし、ウイルスのヒトに対する潜在的な影響を研究し、よりよく理解できるようにすることが含まれます。

DalgleishとSørensenは、Gain of Functionプロジェクトに取り組んでいる科学者が、中国の洞窟コウモリに見られる天然のコロナウイルスの「バックボーン」を取り、それに新しい「スパイク」をつなぎ合わせ、それを致命的で伝染性の高いSARS-Cov-2に変えたと主張しています。

2人の男性が強調した操作の疑いの明白な兆候の1つは、SARS-Cov-2スパイクで見つかった4つのアミノ酸の列でした。

DailyMail.com との独占インタビューで、Sørensen氏は、アミノ酸はすべて正の電荷を持っているため、ウイルスは磁石のようにヒト細胞の負に帯電した部分にしっかりとしがみつき、より感染性になると述べた。

しかし、磁石のように、正に荷電したアミノ酸は互いに反発するため、天然に存在する生物では3つでも連続して見つけることはまれですが、連続して4つを見つけることは「非常にありそうにない」と科学者は言いました。

「物理学の法則は、4つの正に荷電したアミノ酸を連続して持つことができないことを意味します。これを手に入れる唯一の方法は、人工的に製造することです」とダルグリッシュは DailyMail.com に語った。

彼らの新しい論文は、SARS-Cov-2のこれらの特徴は「意図的な操作を示す」「ユニークな指紋」であり、「それが自然なプロセスの結果である可能性は非常に小さい」と述べています。

「自然ウイルスのパンデミックは徐々に変異し、感染性は高まるが病原性は低くなると予想され、これは多くの人がCOVID-19パンデミックで期待していたことですが、起こったようには見えません」と科学者たちは書いています。

「私たちの歴史的再建が、意図的に操作されたキメラウイルスSARS-CoV-2の含意は、道徳的に受け入れられる機能獲得実験の種類を再考することが不可欠であると仮定しています。

「社会的影響が広いため、これらの決定を研究者だけに任せることはできません。

 

(画像)

この研究は、「SARS-コロナウイルス-2には信頼できる自然の祖先がいない」と結論付け、ウイルスが「実験室操作」によって作成されたことは「合理的な疑いの余地がない」と結論付けました。

 

(画像)

この研究は、機能獲得プロジェクトに取り組んでいる武漢研究所(写真)の科学者が、中国の洞窟コウモリに見られる天然のコロナウイルス「バックボーン」を取り、それに新しい「スパイク」をつなぎ合わせ、それを致命的で感染性の高いCOVID-19に変えたと主張しています。

 


水曜日の上院公聴会で、ホワイトハウスの主任医療顧問アンソニー・ファウチ博士は、武漢研究所の研究者に対する米国の資金が、物議を醸し、危険な機能獲得実験に費やされていないことは確かではないと認めた。


「彼らがあなたに嘘をつかず、とにかく機能研究の利益のためにお金を使っていないことをどうやって知っていますか?ルイジアナ州選出の上院議員ジョン・ケネディはファウチに尋ねた。

「あなたは決して知りません」と彼は答えたが、研究室の科学者は「信頼できる」と付け加えた。

国立衛生研究所所長のフランシス・コリンズ博士は公聴会で、研究所の米国資金提供の科学者は「機能研究の利益のためにNIHによって承認されなかった」と語った。

研究論文に含まれる別の印象的な主張で、DalgleishとSørensenは、パンデミックが始まった後、中国の科学者がCOVID-19ウイルスのサンプルを採取し、それを「レトロエンジニアリング」し、それが自然に進化したかのように見せかけたという証拠を持っていると言います。

彼らは、収集が記録されてから何年も経った2020年初頭に、主に中国の科学者によって突然遺伝子データベースに侵入された新しい株の筏を疑っていると言いました。

「レトロエンジニアリングされたウイルスが作られたと思います」とDalgleishは DailyMail.com に語った。「彼らはウイルスを変え、それが何年も前に順番に起こったことを突き止めようとしました。

DalgleishとSørensenは論文の中で、中国の研究所における「意図的なデータの破壊、隠蔽、汚染」を指摘し、「知識を共有したいと思っていた中国の科学者は、そうすることができなかったか、姿を消した」と指摘した。

「保存されていたウイルス資料や関連情報が破壊されたようです。したがって、私たちは決して埋められないかもしれないデータの大きなギャップに直面しています」と彼らは書いています。

「2020年1月以降に「現れた」株は信用できない...1年間、私たちは2020年初頭に中国でレトロエンジニアリングの一時的な証拠を所有しています。

昨年1月、DailyMail.com は、2017年に武漢研究所が開設されて以来、致命的な病原体が逃げるリスクについて科学者が警告していたことを明らかにした。

中国は、エボラ出血熱SARSウイルスを含む最もリスクの高い病原体を研究する目的で、2017年に武漢で最大限の安全性のために設計された計画された5〜7つのバイオラボの最初のものを設置しました。

メリーランド州のバイオセーフティコンサルタントであるティム・トレバン氏は、同年、研究所の開設が間近に迫っていた科学誌ネイチャー誌に、「誰もが自由に発言でき、情報の開放性が重要である」ため、中国の文化が研究所を安全でないものにするのではないかと心配していると語った。

実際、SARSウイルスは北京の研究所から何度も「脱出」していたと、Natureの記事は報じている。

ワシントン・ポスト紙によると、米国務省当局者は2018年に武漢研究所を訪問し、DCに2つの公式警告を送り返し、政府に安全が悪いと警告した。

武漢ウイルス学研究所に収容されている武漢国立バイオセーフティ研究所は、最も安全な分類であるバイオセーフティレベル4に格付けされた中国初のラボでした。

しかし、Sørensen氏は、ウイルスは研究所のセキュリティの低い領域から脱出したと信じており、そこでGain of Functionの研究が行われたと考えていると述べた。

「私たちはラボの漏れを見てきましたが、それが起こっていることを知っています。また、私たちが見たレポートから、コロナウイルスがバイオセーフティレベル2または3のラボで取り組まれていることもわかっています。彼らがそのような研究室で機能獲得を行うなら、あなたは何を期待しますか?」と彼は言った。

2020年2月、華南理工大学の分子バイオメカニクス研究者であるBotao Xiaoは、「キラーコロナウイルスはおそらく武漢の研究室から発生した」と主張する論文を発表し、研究所の安全性の問題を強調しました。

 

 

シャオ氏は、中国当局が研究所での事故を否定した後、数週間後に論文を撤回した。

同月、27人の科学者のグループがトップジャーナルThe Lancetに声明を書き、「COVID-19には自然起源がないことを示唆する陰謀論を強く非難する」と述べ、「このコロナウイルスは野生生物に由来すると圧倒的に結論づける」と述べた。

アンソニー・ファウチ博士は今週、国会議員に、国立衛生研究所がコウモリコロナウイルスかどうかを調べるために、非営利団体を通じて中国の研究所に60万ドルを拠出したと述べたが、資金提供は機能獲得研究に費やされたことを否定した。
+15
ギャラリーを見る
アンソニー・ファウチ博士は今週、国会議員に、国立衛生研究所がコウモリコロナウイルスかどうかを調べるために、非営利団体を通じて中国の研究所に60万ドルを拠出したと述べたが、資金提供は機能獲得研究に費やされたことを否定した。

著者のうち3人は後にウォールストリートジャーナルに、実験室の事故はCOVID-19の起源の説明として検討する価値があると考えていると語った。

ダルグリーシュ氏は DailyMail.com、COVID-19が人工の脱出ウイルスであるという理論に対する抵抗は、暴露が彼らの分野を閉鎖することを恐れている科学者から来ていると信じていると語った。

「これは、この種の遺伝子工学が干渉されないように、規律を保護するための弱い防御のように見えます」と彼は言いました。「私はそれについて骨を折ることはありません。機能獲得工学は、何年も前に禁止されるべきだった」

今週の議会公聴会で質問されたホワイトハウスの主席医療顧問アンソニー・ファウチ博士は、武漢ウイルス学研究所の機能獲得研究に米国の資金が費やされたことを否定した。

ファウチ氏は議員らに、国立衛生研究所が非営利のエコヘルスアライアンスを通じて中国の研究所に60万ドルを拠出し、コウモリコロナウイルスがヒトに伝染するかどうかを研究したと述べた。

NIH所長のフランシス・コリンズ博士も公聴会で、米国が資金提供している研究所の科学者たちは「機能獲得研究を行うことについてNIHによって承認されなかった」と語った。

「もちろん、私たちは、私たちが承認した助成金が許したもの以外に彼らが行ったかもしれない他の資金源やその他の活動を認識していません」と彼は付け加えました。

NIHは2020年4月にエコヘルスアライアンスへの資金提供を停止しました。

 

 

 

ダルグリーシュとソレンセンの爆発的な主張が、学者や主要雑誌によって1年間無視された経緯
ダルグリーシュとソレンセンの爆発的な主張は、昨年の夏に人工ウイルスの仮説を最初に提示して以来、非常に物議を醸してきた。

2020年6月、ダルグリーシュとソレンセンの理論が元MI6長官によって支持された後、ロンドンのタイムズはMI5情報源を引用して理論を「偽ニュース」として却下した。

オスロ大学のワクチン研究者であるGunnveig Grødeland氏は、昨年6月にフォーブス誌に、ダルグリーシュ氏とソレンセン氏が信じているウイルスの部分は人工物に違いないと考えているが、実際には自然界に現れていると語った。

「インフルエンザの亜型(「鳥インフルエンザ」を含む)、HIV、およびいくつかのヒトコロナウイルス(MERS、OC43、HKU1)を含む他のウイルスにも例があります」と彼女は言いました。

英国ノッティンガム大学の獣医ウイルス学の准教授であるレイチェル・ターリントン博士は、2020年7月のインタビューでダルグリッシュとソレンセンの理論は「魔法の思考」であるとSky Newsに語った。

「人工的な解放理論は、『魔法の思考』の一形態であるように思われる - 誰かが非難されることができれば、誰かが取り除かれ、問題は消え去ることができるという複雑な問題に対する単純な解決策である」と彼女は言った。

二人の科学者の最大の批判者の一人は、カリフォルニアのスクリップス研究施設の免疫学・微生物学部門のクリスティアン・アンダーセン教授で、彼は昨年の夏、ダルグリーシュとソレンセンの最初の論文を「完全なナンセンスで、理解不能で、遠隔的にも科学的でさえない」と表現した。

数カ月前、27人の科学者のグループによってランセットに掲載された声明は、「COVID-19は自然起源ではないことを示唆する陰謀論を強く非難するために団結する」と述べた。

2020年2月19日に発表された声明は、科学者が「このコロナウイルスは野生生物に由来すると圧倒的に結論づけている」と付け加えた。

著者のうち3人は後に、実験室での事故がもっともらしいと思ったと言って、後戻りした。

2020年3月17日、アンダーセン教授が共著した著名な科学者グループによる論文が、主要な学術誌ネイチャー誌に掲載され、「SARSCoV-2が意図的に操作されたウイルスではないことを示す証拠」と結論付け、「いかなるタイプの実験室ベースのシナリオも妥当であるとは考えていない」と結論付けた。

科学者たちは、「現在、その起源に関する他の理論を証明または反証することは不可能である」と付け加えた。

ダルグリーシュとソレンセンは新しい論文で、アンダーセンと彼の同僚の結論を批判し、対立する科学者が彼らの主張を裏付けるために使用した研究のいくつかは、実際には彼ら自身の議論と矛盾していると述べた。

ネイチャー誌の論文が発表される1週間前、武漢研究所でコウモリのコロナウイルス研究グループを率いていた中国の科学者Shi Zhengli氏はサイエンティフィック・アメリカンに、実験材料の取り扱いミスの記録をチェックし、彼女のチームがコウモリの洞窟からサンプリングしたウイルスはどれも含まれていないと述べた。

国家情報長官室は昨年4月30日に声明を発表し、「諜報機関は、COVID-19ウイルスが人工物でも遺伝子組み換えでもないという幅広い科学的コンセンサスにも同意する」と述べた。

所長は、ウイルスが武漢研究所から脱出したのか、それとも最初の感染が感染した動物との接触によって発生したのかを、諜報機関が「厳密に調査」すると述べた。