迷路

2022/01/27から白文鳥・メス・8歳(今は9歳)が行方不明で探しています。

マイケル・イェードン博士

 

マイケル・イェードン博士は、一番最初はYouTubeの動画で、危険をお知らせくださいましたが、公開されるや否や、速攻でYouTubeに削除されました。次は記事でお知らせ下さり、それを、このブログにリンクしていましたが、記事自体が削除されたようで、下記の記事が、私には唯一の記事になります。他にもマイケル・イェードン博士の記事があるかもしれませんが。危険をお知らせくださってた博士や医師は、次々に記事を削除されておられました。マイケル・イェードン博士も、コロワク接種者で子宮内膜がん患者が20倍に増加の記事の医師も。

 

 

2021/08/19


(自動翻訳)


ファイザーの元副社長:COVIDワクチンは女性に不妊症の「深刻なリスク」をもたらす

マイケル・イェードン博士は、COVID-19 mRNAワクチンによる若い女性のワクチン接種を「愚かで無謀」と呼び、有毒なナノ粒子が卵巣に蓄積することを示す論文を引用しました。

 

科学者たちは、現在新しいmRNAのCOVIDワクチンに使用されているような脂質ナノ粒子が卵巣に蓄積し、リプロダクティブヘルスに潜在的に有毒であることを知ってきた、とファイザーの元副社長兼トップ研究者は、木曜日にLifeSiteNewsが主催した会議でCOVIDワクチンの不妊の危険性について語った。 

 


「あなたは真実を語られていません」と、ファイザーの元副社長兼呼吸器薬理学および毒物学のチーフサイエンティストであり、現在はTruth for Health FoundationのチーフサイエンティフィックアドバイザーであるMichael Yeadonは述べています。「このことを考えると、私は自分のヤングアダルトの娘たちと話していたと想像してみてください。 

 

Yeadonは、COVIDショットに使用される脂質ナノ粒子の潜在的な生殖の危険性について警告する2012年にさかのぼる科学論文を引用しました。 

 

モデルナとファイザーのmRNAワクチンはどちらも、細胞が悪名高いコロナウイルススパイクタンパク質を産生し、免疫応答を誘発する不安定なmRNAタンパク質である主成分の担体として特殊なナノ粒子脂質またはリポタンパク質を使用しています。これらは、壊れやすいmRNAを包む脂質の安定性を維持するために極低温を必要とした分子である。

 

生殖器官への蓄積
ドイツの研究者は、9年前に発表された論文「卵巣におけるナノキャリアの蓄積:無視された毒性リスク」で、「すべてのナノスケール薬物送達システムの潜在的な毒性リスク」とげっ歯類卵巣における異なる微視的キャリア分子の蓄積があると報告した。彼らの研究は、ファイザーとモデルナのmRNA COVIDワクチンの両方に共通する成分であるポリエチレングリコールを含む脂質「ナノキャリア」の注射を含んでいました。 

 

担体に薬物またはmRNAを装填する代わりに、マーティン・ルーサー大学ハレ・ヴィッテンベルク製薬技術・生物薬剤学部門とレーゲンスブルク大学の研究者らは、ナノ担体に追跡可能な蛍光色素を装填した。彼らは、異なるサイズの5つの異なるナノキャリア薬物送達システムで治療されたすべてのマウスおよびラットにおいて、「卵巣の特定の位置」における「ナノ粒子の高い局所蓄積」を報告した。

 

25日後に卵巣に残った
蛍光強度は注射後わずか2時間で卵巣で検出可能であり、24時間後に卵巣内で増加し、数日間にわたって高レベルで一定であった。明るい蛍光シグナルは注射後25日後でも検出可能であった、と彼らは報告した。

 

ドイツの研究者は、卵巣へのこの蓄積が「ヒトにおける重要な毒性問題」を警告する可能性があると警告したが、彼らは知らなかった。おそらく、それは「標的卵巣療法の新しい分野を開くかもしれない」と報告し、この現象の未知の影響を発見するためにはさらなる研究が必要であると結論付けた。

 

ファイザーの未発表データ
これらの知見は、ファイザーが実験動物における脂質ナノ粒子キャリアシステムの「生体分布研究」を行い、ワクチンナノキャリア分子が注射の筋肉部位を離れ、血液循環に入り、脾臓、骨髄、肝臓、副腎、特に卵巣を含む臓器や組織に蓄積することを示したことを確認しています。

 

生体分布研究はナノ粒子キャリアタンパク質のみを調べ、ワクチン成分mRNAは含まなかったが、これはおそらく現実世界の実験でキャリア内部に送達され、意図したとおりにそれが着陸する細胞内のスパイクタンパク質の産生を引き起こすであろ


サリドマイド災害
「私たちは妊婦に実験的な治療をしたことは一度もありません」とYeadonは言い、医師が妊娠中の吐き気を治療するために1950年代と1960年代に女性に薬を与え、その結果、何千人もの子供たちが奇形の臓器を含む重度の奇形を持って生まれ、死に至り、手足が短くなり、指やつま先が欠けたサリドマイドの災害を指摘しました。

 

サリドマイドは皆に教訓を与えました。今、私たちは害が起こり得ることを知っているので、私たちは過去60年間、本当に注意を払って過ごしてきました」とYeadonは言いました。

 

疾病管理予防センター(CDC)は、妊娠中および授乳中の母親に対して、緊急使用許可のみを付与され、少なくとももう1年間はヒト臨床試験中である現在のすべての実験的COVIDワクチンを推奨しています。

 

イェードンは、妊娠中の女性や生殖年齢の若い女性へのワクチンの政府宣伝を「愚かで無謀」と呼んだ。 

 

「彼らが安全だと言うとき、あなたは彼らがそれを知らないことを知らなければなりません。彼らはおそらく評価するのに十分な長さで周りにいませんでした。 

 

30社以上のバイオテクノロジー企業のコンサルタントを務め、後に製薬大手ノバルティスに売却された自身のバイオテクノロジー企業を設立したYeadon氏は、現在のすべてのワクチンが基づいているコロナウイルスのスパイクタンパク質が、生殖能力に影響を与える反応を含む自己免疫反応を誘発する可能性のあるヒトタンパク質と類似していることを示す他の研究を引用した。 

 

ワクチン接種を受けた15人の妊婦が自分の胎盤に対して3倍高いレベルの抗体を発症したことを示すデータは、ワクチン業界と公衆衛生によって却下され、隠されていた、と彼は述べた。 

「これらのワクチンを服用しないでください」

COVIDワクチンに含まれる成分が妊孕性に及ぼすリスクは、単に無視されるにはあまりにも十分に文書化されている、とYeadonは示唆した。「これらのワクチンを服用しないでください」と彼は警告しました。「赤ちゃんを妊娠して満期まで運ぶ能力には深刻なリスクがあります。さらに悪いことに、これらは意図的な行為であり、それをやっている人は誰でもそれを隠すために嘘をついていると私は信じています。あなたは誰を信頼しますか?

 

月経不順 
Yeadonが引用した研究は、世界中の有害事象報告システムに報告されている、月経不順、何百もの流産報告、およびワクチン後の他の生殖問題の何万もの報告を説明することができます。

 

今週、英国医薬品・ヘルスケア製品規制庁(MHRA)は、英国で現在使用が承認されている3つのCOVIDワクチンのうちの1つを受けた女性からのさまざまな月経障害に関連してイエローカードシステムに報告された30,304件の反応が注射に何らかの形で関連しているという「証拠」はないと裁定しました。

 


毒性作用
生殖ホルモンが一般的な健康に及ぼす影響を専門とする独立した医師であり、Truth for Health Foundationの共同創設者であるElizabeth Lee Vliet博士は、研究者がナノ粒子の生殖毒性について再び警告した2018年の別の研究を指摘しました。

 

「実際、研究は、NP(ナノ粒子)が最も研究されている標的器官である脳、肝臓、肺などの多くの器官に毒性作用を有する可能性が高いことを示している」と中国の研究者は「生殖器系に対するナノ粒子の潜在的な悪影響」と題する論文で報告した。「ごく最近になって、ナノ材料の生殖毒性に注意が向けられました。

 

この研究は、ナノ粒子が血液精巣関門、胎盤関門、および生殖組織を保護する障壁を通過し、生殖器官に蓄積することを示す文献をレビューしている。 

 

ナノ粒子の蓄積は、特定の細胞を破壊することによって器官(精巣上体、卵巣、および子宮)を損傷し、精子および卵子に悪影響を及ぼし、卵巣周期を破壊する可能性のある生殖器官機能障害をもたらす。「さらに、NPは分泌ホルモンのレベルを乱し、性行動の変化を引き起こす可能性があります」と研究者は述べています。 

 

「性行動だけではありません」と、リプロダクティブヘルスとホルモンが一般的な健康に及ぼす影響に焦点を当てた更年期医学を35年間実践してきたVliet氏は述べています。「それは私たちの体のあらゆる臓器の健康と最適な機能です。

 

レビュー論文は、ナノキャリアに関する以前のドイツの研究を引用したが、酸化グラフェン、二酸化チタンを含む他のナノ結合分子または微視的分子の数十の研究も検討し、再生のさまざまな側面に対するそれらの悪影響をカタログ化している。 

 

新生児の生殖器系に影響を与える
参照された2015年の研究では、研究者らはラットの子犬にPEGポリマーを注入し、「PEG-b-PLAへの新生児曝露は視床下部 - 下垂体 - 卵巣軸(HPO)の発達と機能に影響を与え、それによって成人雌ラットの生殖器系の機能を変化させる可能性がある」と結論付けた。言い換えれば、これらのナノ粒子に曝露された新生児は、正常な生殖器系を発達させなかった。


LNP駆動の安全パラメータ
ワクチン業界による他の研究では、脂質ナノ粒子(LPN)に対する安全性の懸念が提起されています。COVIDワクチンメーカーのモデルナとアストラゼネカUKと他の3つの製薬会社の研究者による2018年の研究では、ラットとサルに静脈内注入を繰り返した後、脂質ナノ粒子(LNP)に配合された修飾mRNAの安全性を調べました。

 

それは「主にLNP駆動」であった「主要な安全関連の知見」を説明しました。これらには、肝臓、脾臓、骨髄(ラット)における造血(血液成分の産生)の増加および「心臓における最小限の出血(サル)」が含まれていた。ラットにおける他の安全性関連の所見には、「すべての用量での凝固パラメータの変化、ならびに肝障害」が含まれ、サルでは、「脾臓壊死」および「リンパ球枯渇が観察された」。  

 

ワクチン製造業者が生殖器官または機能に対するLPN(またはmRNA)の効果を調べたという証拠はない。研究者らは、「将来の研究は、稀な疾患の設定において若年性が特に重要である可能性があるため、異なる投与経路、慢性投薬の影響、および幼若動物へのリスクを評価することに向けられる」と結論付けた。 

 

ヒトは言うまでもなく、幼い動物における修飾mRNAまたはLPNの長期的な潜在的影響に関する研究で提起されたすべての質問に答えるのに2年は長くはかかりませんでした。しかし、CDCは現在、12歳以上のすべての子供と妊娠中および授乳中の母親のためのファイザーの実験的なワクチンを推進しています。  

 

モデルナ・スパイクバックスのCOVID-19ワクチンは今週、英国の医薬品・ヘルスケア製品規制庁(MHRA)によって12歳から17歳を対象に承認されました。 

 

 

 

2021年

ファイザーの元副社長だった呼吸器研究の元責任者、マイケル・イェードン博士は、
「きわめて重大な安全上の懸念があるからからだ。
深刻な意図しない抗体反応や免疫反応を引き起こす可能性があるだけでなく、
妊娠女性の胎盤を破壊して不妊を引き起こす恐れがある。
それは排除しなければならない。

豚インフルエンザワクチンでは、ナルコレプシー(深刻な睡眠障害)を起こした。
初期の動物実験で、亡くなってる動物もいる。」

出来損ないの状態でヒトに接種するな!!っと仰られている。

研究の中止を要求する動画を上げられたが、YouTubeが速攻で削除。


で、昨年12月
元公衆衛生部門責任者のヴォルフガング・ウォダーグ博士は、
\欧州医薬品庁に、
ファイザー社が現在進めている研究を含むあらゆる研究の一時停止を要請。

 

 

 

 

2020/12/07

新型コロナ・ワクチンは「無期限の不妊症」をひきおこす懸念があるーファイザー元副社長がEUにワクチン試験を停止するよう要請

ファイザー元副社長で米国外科医師協会の会長を歴任したマイケル・イードン博士は、

▼3回目接種の危険性について強調。

▼最初のワクチン接種で0.8%の人々が2週間以内に死ぬだろう。

▼ワクチン接種した人の余命は平均で2年。接種回数が増える度に余命は短くなる。

▼ワクチン接種者は確実に死んでいく。3年生きられれば良い方だろう。

動物実験に猫を使用し、2年後には全ての猫達が死んだ。

ヒトに遺伝子的に一番近い2〜4歳のオスの赤毛猿が使用された。

2年前にはコロナウイルスもワクチンも無かったと思われる人々が多いだろうが、コロウイルスもワクチンも十年以上も前から計画されていたと考えれば納得いくだろう。

全ては米軍基地や米国防衛高等研究計画局がクリエイトしたバイオ兵器。

コロナワクチン死亡者が2001年に存在した証拠がある。米国CDCのワクチン死亡者の統計だ。