迷路

スクラップ、呟き

コロワクの起源についてF社の緊張はホラーストーリーを隠す

 

2021/10/13

(PCの自動翻訳)

独占:そのCOVIDワクチンの起源についてのファイザーの緊張はホラーストーリーを隠す

 

その話は、これまでほとんど知られていないが、最低限、雇用主または政府の予防接種義務からの良心に基づく宗教的免除に対する従業員の要求の承認を必要とするべきである。

 

10月6日、ファイザー内部告発者であるジェームズ・オキーフのプロジェクト・ベリタス(PV)の助けを借りて、社内の幹部が漏洩した社内メールで、同社の幹部はPVの言葉で「COVIDワクチンの実験室試験におけるヒト胎児組織の使用について秘密主義であることをスタッフに伝える」ことを明らかにした。

 

ビデオは、同社の世界的な研究のシニアディレクターからの電子メールを引用し、「ヒト胎児組織にさかのぼることが可能な起源を持つ1つ以上の細胞株がワクチンプログラムに関連する実験室試験で使用されている」と認めている。同社の最高科学責任者は、関連する細胞株を「HEK293T細胞..」と具体的に特定しています。(これは)最終的には中絶された胎児に由来する」

 

そのワクチンの起源の根を開示するファイザーの抵抗は、少なくとも3つの理由のために不可解に思える。

 

第一に、12月、カトリック教会の信仰の教義のための会衆は、COVID-19パンデミックによって提示された知覚された緊急事態の程度に照らして、「研究と生産プロセスで中絶された胎児からの細胞株を使用したCovid-19ワクチンを受け入ることは道徳的に受け入れられる」ことを示しました。非緊急事態では、このような行動は致命的な罪深い「悪の協力」とみなされますが、会衆は教皇フランシスが彼らの仕事を「調べた」ことを示し、「その出版を命じた」。

 

第二に、ヒト胎児組織の研究は、1930年代から議論の余地があるものの、「ポリオ、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、A型肝炎B型肝炎帯状疱疹狂犬病など、幅広い疾患のワクチンの開発に役立った」と言われています。


第三に、ファイザーが引用した細胞株であるHEK293は、半世紀近く存在し、広く使用されてきた。多くの例の1つだけを挙げるために、HEK293細胞は「統合失調症双極性障害のような精神疾患を治療するために使用される抗精神病薬の多く」と評価されています。

 

これらの3つの要因、特にポンティフの事実上の祝福は、ファイザーがヒト胎児組織研究に起因する科学的進歩のもう一つの輝く例としてHEK293細胞株を促進する、または少なくとも強く擁護する原因となったと考えるだろう。

 

HEK293の残忍な、そしてすべての出現から、ごく最近まで、ほとんど公表されていない起源は、会社の深い不快感を説明します。半世紀近くの虚偽表示と難読化とは対照的に、HEK293の創造は、日常の人々がそれを理解しているように「中絶」から生じませんでした。

 

非常に最近の開発はこれを確認するのに役立ちます。


8月、ピッツバーグ大学は事実上恐ろしい入学を果たした。大学が情報の自由法の要求に応じる前に司法監視の助けを借りなければならなかった医療進歩センターは、学校のGUDMAPプログラム(フルネーム:GenitoUrinary開発分子解剖学プロジェクト)は、計画された親の中絶プロバイダーの助けを借りて、「赤ちゃんを許可し、生存率の年齢の一部、 生きて届け出され、腎臓を切り取って殺す」


この記事を読んでいるすべての人は、赤ちゃんが生きて出産されると、それを殺すことはもはや中絶とみなされるべきではないことに同意する必要があります。出産された赤ちゃんを殺すことは、教科書の殺虫剤です。

 

ピットの研究者と計画された親権は、それが特定の使用可能な身体部分、特に腎臓を収穫する最良かつ可能性の高い唯一の方法であるため、この恐ろしい肉屋に頼らなければならなかった。生存可能な腎臓を収穫するには継続的な血流が必要であり、心臓を鼓動する必要があり、腎臓が取り除かれたときに赤ちゃんが子宮の外(または少なくともほとんど常に)生きている必要があります。


HEK293ラインは1970年代初頭に作成されました。ピッツバーグ大学の入学の数ヶ月前、非常に知覚的で良心的な作家であるアンナマリア・カーディドリは、1月のクライシス・マガジンでその起源に関する恐ろしい真実を詳述しました。

 

...生存可能な胚性腎臓を収穫する.十分に発達した腎臓を持つ年齢の十分に健康な小児は、子宮から取り除かれ、生きて、典型的には帝王切開によって、腎臓を切り取らなければならない。これは、臓器の生存率を低下させる子供のための麻酔なしで行われなければなりません。


...望ましくない子供(HEK 293の場合は小さな女の子)の意図的な殺害は、研究のために彼女の臓器を得るために正確に行った激しい方法で行われました。彼女の臓器の収穫は彼女の死の直接的な原因であり、その前に、彼女は子宮の外で生きている子供でした。

 

電子メールのやり取りで、カーディナルリ氏は、医療専門家との独自の議論と「理性のテスト」に基づいて、「我々は純粋に中絶ではなく、明確な殺虫剤について話している」と示した。彼女の記事では、彼女はまた、「教皇フランシスと教皇ベネディクトは、彼らがワクチンを受けたときに、この情報を持っていなかったかもしれない」ことを恐れていることを示しました。

 

HEK293の創設から数十年の間に、その2人の最も直接的に関与した科学者、アレックス・ファン・デル・エブ博士とフランクリン・グラハム博士は、細胞株の起源を説明する際に曖昧でした。

 

2006年のFDA会議(81ページ)の成績証明書の草案に見られるように、ファン・デル・エブ博士は「胎児の腎臓はおそらく1972年に得られた。正確なデータはもはや分かっていません。私が覚えている限り、胎児は完全に正常でした。何も間違ってなかった。中絶の理由は私には知られていませんでした。その時は知っていたのでしょうが、この情報は全て失われました」


グラハムは「HEK293胎児細胞の正確な起源は不明である。彼らは自発的流産か、選択的中絶のどちらかから来たかもしれない。

 

彼女が記事を書いたときにグラハムの可能な「流産」の憶測を知らなかったカーディドリは、「自発的な中絶が細胞株につながる方法はない(腎臓が収穫されなければならない短い窓を越えて実行可能であり続けることができないので)」と主張した。グラハム博士が明らかに不可能と思われるものについて推測したことを明らかにしています。

 

どちらかの科学者の記憶が改善されるかどうかに関係なく、彼らが彼らの仕事をカーディカルドリが説明したもの以外の何かとどのように説明できるか、ピッツバーグ大学の声明が確認したものを想像するのは難しいです。

彼らはもちろん、試してみることを歓迎します。

一方、雇用主や政府機関は、開発が幼児化剤に由来するワクチンに基づいて、個人にジャブを取得したり、職を失わせたり、他の特権を没収しようとするべきであることは無防備です。