迷路

2022/01/27から白文鳥・メス・8歳(今は9歳)が行方不明で探しています。

コロナウイルスで見つかったDNAは、過去にモデルナによって特許を取得しました。

 

2022/02/25

 

(自動翻訳)

 

コロナウイルスで見つかったDNAは、パンデミックの3年前にモデルナによって特許を取得しました

研究者たちは、「モデルナのシーケンスが自然進化によってランダムに現れた可能性は3兆分の1ある」と言います。

 

 

(ライフサイトニュース)- 「実験室の漏洩」理論にさらなる信憑性を与えて、コロナウイルスで見つかったDNAの塊は、「パンデミック」の3年前にモデルナが特許を取得した配列と同一の遺伝子配列を共有しています。

 

 

FOXニュースの司会者マリア・バルティロモとのインタビューで、モデルナのステファン・バンセルCEOは、遺伝子組み換え実験が研究室の労働者の感染につながった後にコロナウイルスパンデミックが始まった可能性を認めた。この声明は、COVID-19パンデミックの発症の3年前にモデルナが提出した特許と同じ遺伝子配列を持つDNAをコロナウイルスに含むことを研究者が発見した可能性があることについて、バルティロモが彼にコメントを求めた後に行われました。

 

「現在、科学者たちは、パンデミックが始まる3年前にモデルナが特許を取得した配列と一致するDNAの小さな塊をウイルスに含んでいることを発見しました」とBartiromo氏は述べています。「ステファン、あなたの反応、私たちに何を教えてもらえますか?」

「私の科学者たちは、それらがどれほど正確であるかを調べるために、これらのデータを調べています」とBancelは答えました。

「前にも言ったように、これが偶然に研究室から来たという仮説は可能です...人間は間違いを犯す。中国の武漢研究所がウイルスの増強、つまり遺伝子改変に取り組んでいて、誰かが感染した事故があった可能性があります...それは可能です。

モデルナが本当にコロナウイルスで見つかったDNA配列の特許権者であるかどうかについては、「科学者はそれが本物かどうかを知るために[データ]を分析している」とCEOは付け加えた。

Daily Mailによるデータの分析によると、特許取得済みの配列は「ウイルスのスパイクタンパク質に位置するフューリン切断部位」に現れ、コロナウイルスファミリーの他の既知のメンバーがそのような部位を持たないため、科学者にとって特に興味深い領域であり、これらのメカニズムはウイルスの伝播性の向上の原因です。

2016年2月に出願されたモデルナの特許は、MSH3と呼ばれる遺伝子の一部であり、「損傷した細胞がどのように修復するかに影響を与えることが知られている」と英国のアウトレットは指摘した。提出書類によると、同社は特許取得済みの配列をがん研究に展開していた。

「研究者の国際チームは、実験室でのヒト細胞の実験中にウイルスが変異してフューリン切断部位を持つ可能性があることを示唆しています」とDaily Mailは報告しました。「彼らは、モデルナのシーケンスが自然の進化を通じてランダムに現れた可能性が3兆分の1あると主張しています。

コロナウイルスパンデミックの起源は、2年間激しく争われてきた問題であり、ウイルスの実験室の漏洩や意図的な製造の可能性に関する最初の調査は、「誤報」と「陰謀論」とラベル付けされています。

 

米国と英国の科学者間の電子メールによると、トップの研究者は、COVID-19が実験室から脱出した「可能性が高い」と個人的に認めたが、「科学と国際的な調和」を損なうことを公に認めることを恐れていた。

つい先月、The Telegraphは、ロンドンに本拠を置くWellcome Trustのディレクターであるジェレミー・ファラー卿が、2020年2月2日に国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長のアンソニー・ファウチ博士と当時の国立衛生研究所ディレクターのフランシス・コリンズ博士に電子メールを送り、セキュリティの低い研究所で急速な進化を仮定し、「人間間の迅速な感染のために準備されたウイルスを誤って作成し、」をCOVIDの起源の「ありそうな説明」として。

「私は、自信を鼓舞する枠組みの中で専門家の迅速な招集が必要であり、さもなければ陰謀の声がすぐに支配し、科学と国際的な調和に大きな害を及ぼす可能性があるというあなたの見解を共有します」とコリンズは答えた。

コロナウイルスの起源とCOVIDのショットの性質の両方を取り巻く隠蔽の発見は、通常信頼できる機関や業界を取り巻く広範な懐疑論をもたらしました。

 

モデルナとファイザーのmRNA注射剤が1年以上にわたって「ワクチン」として販売された後、バイエルの製薬会社の幹部は、それらが実際にワクチンとして販売されている「遺伝子」および「細胞療法」の一形態であり、ショットを一般により嗜好的にすることを認めた

「私たちは、バイエルという企業として、細胞および遺伝子治療において、イノベーションを推進するために、本当に飛躍しています。究極的には、mRNAワクチンは、その細胞および遺伝子治療の一例である。2年前に一般公開で調査していたら、『遺伝子や細胞療法を進んで体内に注入しますか?』と、おそらく95%の拒否率になっていたでしょう」とバイエルのエグゼクティブ、ステファン・エーリッヒは述べています。

 

「この18ヶ月間(COVIDの「パンデミック」の期間)にわたる私たちの成功は、特に私たちが起こっている他のすべてのことに加えて、科学の新時代に入るとき、すべての人の健康を解き放つために、アクセス、革新、コラボレーションにもっと密接に焦点を合わせることを私たちに勇気づけるはずです...バイオ革命」